TDLワンス・アポン・ア・タイムの抽選のコツ&外れた時に見る場所

ワンスアポンアタイムの場所取り

新しく始まった東京ディズニーリゾート初のプロジェクションマッピングショー、ワンス・アポン・ア・タイム。

シンデレラ城に次々にディズニー作品の名シーンが映し出されていきます。

映し出されてる映像なだけでしょ?と舐めてはいけません。

シンデレラ城を非常によく活かした映像もあり、初めて見た時は感動のあまり涙してしまいました。

スポンサーリンク

 

ワンス・アポン・ア・タイムを見るには?

ワンスアポンアタイム・当選エリア

一番の特等席は、シンデレラ城前の観覧席(上の画像)。

ですが、この場所は、抽選で当たった人しか入れません。競争率は高いですが、もちろん当たる可能性はあるので、TDLに来たらぜひ抽選しましょう!

ワンス・アポン・ア・タイムの抽選場所&時間

観覧席の抽選は、トゥモローランドホールというスペースマウンテンの左側で行えます。

時間は開演時間からショー開始30分前まで。

抽選所に並ぶ可能性もあるので、時間は余裕を持って行ってください。

また、ショー抽選アプリも新しく導入されたので、わざわざ抽選所まで行かなくても抽選を行えるようになりました。

アプリでの抽選はショー開始60分前までと、時間が違いますのでお間違えのないように。

外れた場合ば優先観覧席外から見ることができます。

当たれば天国、外れれば地獄…、とてもシビアな抽選システムです。

ワンス・アポン・ア・タイムの当選率を上げる方法は

ワンスアポンアタイムの抽選確率

「当選しやすいのは朝一」や、「昼間は当たりやすいらしい」など噂は飛び交っていますが、確実な方法は実はありません。

まあこれは、ワンス・アポン・ア・タイムに限ったことではありませんが…。

でも当たりやすい時間というものは存在していると思います。

この抽選機というのは、残り当選数や残り抽選時間等に応じて当選倍率を自動的に変動させてます。

抽選申込み時間の早い遅いや、抽選申込み数の多い少ないに程関係なく、主催者の意図した通りに抽選時間内に、合理的に当選残数を0にする、というシステムで動いています。

つまり抽選受付時間内に観覧席に空席を作らないようにするために、当選の確率を意図的に変動できるのです。

当たりやすい時間というのは、集客の目処がつく午後2~3時以降から行われると言われています。

一番分かりやすいのは抽選終了間際ですが、これを狙いすぎてうっかり行列になっていて並んでるうちに終了時間になってしまったということだけは避けるように気をつけて下さい。

さて、この時間の見極め方ですが、当たりやすい時間というのは、単純に当たっている人が多いです。

ホール内は歓声で湧き、出てくる人もテンションが高く嬉しそうです。

逆に外れやすい時間というものも存在して、その時は皆さん静かなので、ずっとハズレのトゥルルルルーという音楽が鳴り響いています。

なので、抽選会場の様子を見て、ハズレばかりの時は改める、当たっている人が多い時はチャンス、半々な時は運次第です。

スポンサーリンク

 

外れた時のオススメの場所は

シンデレラ城正面、ウォルトとミッキーのパートナーズ像付近がオススメです。

シンデレラ城全体を使っているショーなので遠くても一応見えますが、本当に全部使っているため下の方は見えにくいです。

しかし、近づいて脇から見るよりは断然良いです。

脇から見ると、木が被ってしまったり、映し出している映像が歪んで見えたりします。

シンデレラ城の凹凸を活かして映像が作られているので、その立体感もズレしまったり、そもそも分かりにくかったりします。

なので、正面から見るのが絶対的にお勧めです。

とにかくシンデレラ城の正面です。

混んでいて後ろの方になってしまっても、最悪シンデレラ城の半分くらい見えていれば雰囲気は伝わります。

ワンス・アポン・ア・タイムは音楽も素晴らしいので、ワールド・バザールのスピーカーの近くは大迫力でオススメです。

外れたら潔く見ないのも一つの選択肢

とても人気のショーなので、私が遭遇したすごい時は、お昼から場所取りをしている人がいて、始まったらワールド・バザールエントランスまで人が埋まっていました。

これは本当に始まったばかりの頃の話なので今はだいぶ落ち着いてきましたが、それでもすごい人だかりです。

観覧席以外は立ち見ので、子どもは全く見えないという状況も多々見かけます。

一番見やすいのはやはり観覧席で見ることなので、外れたら無理して見ないという選択肢もあります。

結局あんまり見えなくて良く分かんなかった、となるよりは、ワンス・アポン・ア・タイムがやっているあいだはアトラクションは空いているのでアトラクションも乗り易くなります!

さて、次回からはシーのショーの場所取りについて話します。

スポンサーリンク