シンガポールに子連れで家族旅行!添い寝可のおすすめホテル

家族で子連れ海外旅行

子連れで家族旅行するときに、添い寝ができるホテルを選ぶとホテル代を安くすることができますよね。

「シンガポールは何歳まで添い寝OK(無料)なのか?」

「添い寝でも狭くない、広いベッドのホテルはどこか?」

「12歳以上だけど、添い寝でホテル代を節約したい」

「家族4人、家族5人で一室の部屋に泊まりたい」

「子連れ家族旅行におすすめのホテルはどこ?」

という疑問にお答えします!

シンガポールのホテルの添い寝は何歳まで?

シンガポールでは、12歳以上は大人扱いになります。

お子さんの年齢が、12歳上だと、添い寝扱いにできないホテルが多いです。

ただし、ホテルによっては18歳以下でもOKなところもあります。

「うちの子供は12歳以上だけど、まだ添い寝で泊まりたい」という場合、この記事の下にホテルを書いているので参考にしてくださいね。

子連れが、シンガポールのホテル代を安くする方法

1.海外の、ホテル予約サイトを使う

楽天トラベルやじゃらんよりも、

  • エクスペディア
  • Booking.com
  • トリバゴ
  • Agoda

などの、海外のホテル予約サイトの方が安いことが多いです。

私はExpediaを使っています。

→エクスペディア(Expedia)へ

2.ホテルに直接聞いてみる

日本では、ホテル代が「1人いくら」と言う計算なのに対して、海外では「一室いくら」と言う計算が普通です。

  • エクスペディア
  • Booking.com
  • トリバゴ

などで、大人2人子供2人と入力すると、「人数オーバーで泊まれません」と出てくるようなホテルでも、直接ホテルに聞いてみると、12歳未満だと無料で泊まれることも多いです。

「このホテルに泊まりたい。子供一人だと添い寝可だけど、子供2人だとエラーになる。」という場合は、ホテルに問い合わせてみましょう。

私が小学生2人4人家族でホテルを探した時の条件

1.ダブルベッド2台の部屋

小学生2人の小学校3年生と6年生の2人の子供と、大人2人の4人家族で探しました。

子供が小さいならばいいと思いますが、私の子供は上の子供が小学校6年生と大きかったので、シングルベッドではなく、ダブルベッドが2台あることを条件としました。

2.プールがあるホテル

子連れなので、プールは外せないと思い、プール付きも条件でした。

しかし、後からセントーサ島にある「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク セントーサ島」のプールに行こうと決めたので、プールなしでもよかったかもですね。

3.チェックアウト後も、プールに入れる

シンガポールの帰国便は、深夜便のことも多いです。

シンガポールは暑いので、日中観光をすると汗でベタベタになりますよね。

シャワーを浴びてスッキリしてから飛行機に乗りたい!

チェックアウト後にプールで遊べれば、

日中ちょっと観光

ホテルのプールで遊ぶ

汗スッキリ

帰国

のスケジュールも良いですね。

ホテルでは、シャワールームが使えることも多いので、シャワーを浴びてから帰りたい人は、ホテルに直接訪ねてみるといいですよ。

※チャンギ空港のラウンジで、シャワーを浴びることもできます。

マリーナベイサンズは子連れ旅行におすすめ?

マリーナベイサンズは、誰でも一度は、「泊まるかどうか?」を検討するんじゃないかってぐらい、シンガポールを代表する人気のホテルですよね。

私も検討しました。

マリーナベイサンズのプールは、高い位置にあるので結構寒いんです。

風も吹いてますからね。

子連れがプールで遊ぶ!という感じではないですね。

あと、マリーナベイサンズは、チェックアウト後にプールを利用することが出来なかったので、私は候補から外しました。

ただ、いつかは泊まりたいですねー。

マリーナベイサンズは高い!というイメージがありませんか?

JCBやHISのツアーだと、マリーナベイサンズのホテルに一泊するだけで、一人追加料金5万円ぐらいします。

これは、JCBやHISの旅行会社を通しているからで、個人でホテルを予約すると、そんなに高くないんです。

→マリーナベイサンズ

子連れシンガポール家族旅行におすすめのホテル1.ホリデイイン シンガポール オーチャードシティセンター

安いホテルを探しているなら、Holiday Innがお勧めです。

ホリディインは、シンガポールにいくつもあり、

  • ホリデイインシンガポール オーチャードシティセンター
  • ホリデイインシンガポール オーチャードロード
  • ホリデイインシンガポール カトン
  • ホリデイインシンガポール クラークキー
  • ホリデイインシンガポール アトリウム
  • ホリデイインシンガポール セラングーン(今後、開業予定)

などがあります。

ホリディインは子連れに優しく、子供の添い寝が無料なだけでなく、食事も無料になります。

しかも、朝食だけでなくランチディナーも対象です。

(子供メニューから選ぶことになります)

さらに、子供の添い寝無料は、殆どのホテルで「12歳未満」ですが、ホリデイインは「18歳未満」までOK。

中学生の男の子だと、親と一緒に添い寝は嫌がるでしょうけど、小柄な女の子だと中学生ぐらいでもまたいけますよね。

小学校6年生で、12歳になっているお子さんにもおすすめです。

シンガポールのホリデイインの中で、おすすめなのは、「ホリデイインシンガポール オーチャードシティセンター」です。

  • プールあり
  • 立地が良く便利
  • ダブルベッド2台のお部屋あり

と、子連れシンガポール旅行におすすめです。

→ホリデイイン シンガポール オーチャードシティセンター

子連れシンガポール家族旅行におすすめのホテル2.スイソテル ザ スタンフォード

お部屋からシンガポールの夜景を見たい家族におすすめです。

高い料金のホテルなら、夜景がきれいなホテルもあるんですが、スイソテルホテル(スイスホテル)は、価格がそこまで高くありません。

ダブルベッド2台のお部屋ありです。

立地も良く、プールもあります。

→スイソテルホテル シンガポール

子連れシンガポール家族旅行におすすめのホテル3.フェアモント シンガポール

おすすめホテル2でご紹介した、スイソテル ザ スタンフォードの系列です。

プールは、スイソテル ザ スタンフォードと共同です。

こちらも、スイソテル ザ スタンフォードと同様に「ダブルベッド2台」のお部屋があり、夜景が見えるお部屋もあります。

スイソテル ザ スタンフォードと、フェアモントだと、フェアモントのほうがリッチな雰囲気で、価格も高くなります。

→フェアモント シンガポール

子連れシンガポール家族旅行におすすめのホテル4.インターコンチネンタル シンガポール

このホテルは、私が結局泊まることに決めたホテルです。

プラナカン様式のホテルで、インテリアが私の好みだったことも決めてでした。

ブギス駅の近くです。

  • アラブストリート
  • ラッフルズホテル

に近いので、空き時間に観光しやすいですね。

アラブストリートはホテルから徒歩11分、ラッフルズホテルは徒歩6分です。

ラッフルズホテルは、

「子連れでわざわざ行くほどではないけど、ちょっとショッピングしたいなー」

ってことないですか?

インターコンチネンタルシンガポールからは近いので、ママだけふらっとお買い物に行くことができます。

→インターコンチネンタル・シンガポール

5人家族で1室に泊まれるシンガポールのホテルは?

4人家族でも、一緒に一室で泊まろうと思うと選択肢が狭まるので、5人家族ならなおさらですよね。

エクストラベッドを追加で入れてもらい、ベッドを3台にしたら、お子さんの年齢によっては5人一室でいけそうです。

シンガポール子連れ家族旅行・おすすめのホテルのまとめ

エクスペディアでの予約なら、殆どのホテルで「キャンセルOK」のプランがあるので、子連れの場合は「キャンセル可」にすると更に安心ですね。

→エクスペディア(Expedia)へ