ディズニーなら絶叫系が苦手で乗れない人も楽しめる【ランド編】

ディズニーランド絶叫系苦手

スポンサーリンク


「絶叫系は苦手。遊園地に行っても、あんまり乗れるアトラクションがないんだよねー。」

という方もいらっしゃると思います。(実は私もその1人。)

そんな「絶叫系が苦手」なあなたにこそ、ディズニーランドはぴったり!

全般的にディズニーランドのアトラクションは、普通の遊園地と比べて絶叫度合いが少ない上に、アトラクションに全く乗らなかったとしても楽しめる要素がいっぱいなんです。

ディズニーランドキャラクターの可愛さに触れたり、パーク内をゆっくり散策したりして、時間に縛られることなくあなたらしい1日を過ごしてみましょう。

ディズニーのランドのファンタジックな世界をより身近に感じることができることができますよ。

動きの緩やかなアトラクション

人気アトラクションではモンスターズインク、プーさんのハニーハント、バズライトイヤーのアストロブラスターは絶叫苦手でも激しい動きがなく、わりと乗りやすいです。

イッツアスモールワールドはディズニーランドに来たらぜひ行ってほしいですね。老若男女乗れます。

世界の国の民族衣装を着た人形たちが歌を歌う中を緩やかな動きの船に乗って通ります。乗り終わったあとは、歌を口ずさみたくなるはずです。

3D映像が大丈夫ならば、フィルハーマジックもおすすめです。ディズニー映画がたくさん流れるので、映画や音楽が好きだという方やこれから知りたいという方にもいいと思います。

パレードをゆっくり鑑賞

せっかくパレードを鑑賞するならよく見える位置で鑑賞したいですよね。

レジャーシートを敷けるのは1時間前からです。パーク内のフードでも食べながら早めに場所を確保しておきましょう。

パレードを一部だけ見るのと最初から最後まできっちり見るのとでは感動が全く違います。ダンサーやキャラクターから良く見える位置にいれば、こっちを見て手をふってくれたり、振り付けを間近でやってくれたりするのでよりテンションが上がること間違いなしです。

パーク内を散策

パーク内には季節ごとにお花が綺麗に咲いています。パーク内のお花めぐりをしたり、写真を撮ったりするのもいいでしょう。

春になるとプーさんのハニーハントのファストパス発券所近くにある桜の木がきれいです。ハニーポップコーンを食べながらお花見をするのがおすすめです。気分はプーさん?

パーク内の池にカモが泳いでいたり、芝生の中に小鳥がいたりしてぼうっと眺めていたりするだけで癒されます。音楽がエリアによって変わるので耳をすまして意識して聞くのもおもしろいかもしれません。

まとめ

ディズニーランド内はどこに行ってもディズニーらしい演出がしてあります。

絶叫系のアトラクションは、人気であるがゆえに待ち時間も長いです。絶叫系が苦手な人は、その待ち時間を他のことに使えるからお得かも。

じっくりと、ディズニーならではの演出に触れられると思います。隠れミッキーを見つけるのも楽しいですよ♪

関連記事:
ディズニーなら絶叫系が苦手で乗れない人も楽しめる【シー編】
ディズニーランド絶叫系アトラクション・怖い順ランキング

スポンサーリンク







関連記事と広告