スモールワールド休止(クローズ)の日にちはいつ?混雑・待ち時間は?

ディズニーランド絶叫系苦手

スポンサーリンク


ディズニーリゾートでは多くのアトラクションがクローズしたり、リニューアルをして時代のニーズに合うように姿を変えてゲストを楽しませてきました。

ついに開園当初から現在に至るまで幅広い年齢層のゲストに大人気のイッツ・ア・スモールワールドが2018年春にリニューアルします。

またリニューアルに伴い、イッツ・ア・スモールワールドは2017年3月1日よりクローズします。

イッツ・ア・スモールワールドとは?

イッツ・ア・スモールワールドは、船に乗って世界旅行をするというコンセプトで水路をボートに乗ってゆったりとすすんでいくものです。

激しい動きをするアトラクションではないことから年齢を問わず気軽に乗ることができます。

待ち時間も平日なら5分、混雑日でも30分もすれば乗れることが多いです。

開業当初から現在までとても人気のあるアトラクションになっています。

スポンサーリンク

リニューアル後のイッツ・ア・スモールワールドはどうなるの?

イッツ・ア・スモールワールドがクローズしてしまうので寂しいですが、それと同時にリニューアル後の新しいイッツ・ア・スモールワールドも気になるという人も多いはずです。

ここからはリニューアル後のイッツ・ア・スモールワールドについてご紹介します。

ディズニーキャラクターが登場する!

イッツ・ア・スモールワールドのリニューアルオープンは2018年春を予定しておりますが、その年は東京ディズニーランドの開園35周年を迎える年でもあります。

それを記念してリニューアル後のイッツ・ア・スモールワールドではディズニーキャラクターが登場することが決定しています。

今まで、世界の少年少女の人形は多く存在しましたが、実際にディズニーキャラクターはその中には登場していませんでした。

ただし、例外として最後のエリアで各国の少年少女が集まって「小さな世界」を歌っている中でピノキオの人形を持っている少女はいます。

しかし、それ以外ではディズニーキャラクターは登場していないのです。

リニューアル後に導入される予定のディズニーキャラクターは約40体を予定されているようです。

大人気の「アナと雪の女王」からエルサ、アナ、オラフが登場します。

このほか、「ふしぎの国のアリス」、「塔の上のラプンツェル」、「ムーラン」、「アラジン」、「ライオンキング」が登場する予定です。

音楽が変わる?

イッツ・ア・スモールワールドといえば名曲「小さな世界」を思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、ディズニーキャラクターが登場することによって、この「小さな世界」も少し変化するようです。

変化するといっても「小さな世界」はそのまま使用されてその中にディズニー映画の名シーンをイメージさせる音楽が織り込まれるようになるので、ディズニー映画の世界観もイッツ・ア・スモールワールドの世界観も同時に楽しむことができるようになるのです。

世界各地のイッツ・ア・スモールワールドの特徴

実は、イッツ・ア・スモールワールドは世界のディズニーパークにあり、その内容は各パークごとに一部の構成が異なっています。

どの国のパークでも共通している特徴は、自国がメインとして描かれてります。

例えば東京ディズニーランドは日本がメインになっていますし、ディズニーランド・パリであればフランスがメインになっています。

ですので、最後のゾーンでは各国の少年少女たちが集まって一斉に「小さな世界」を歌っていますが、これは自国の言語で歌わせているということも共通しています。

そして、イッツ・ア・スモールワールドがあるパークは東京のほかに、

  • ディズニーランド
  • マジック・キングダム
  • ディズニーランド・パリ
  • 香港ディズニーランド

などがあります。

スポンサーリンク

まとめ

イッツ・ア・スモールワールドは世界で愛されるディズニーのアトラクションです。

東京ディズニーランドでは開業当初から今までゲストを楽しませてきたイッツ・ア・スモールワールドが2017年3月1日よりクローズし、2018年にリニューアルしてディズニーキャラクターが登場するようになります。

パワーアップしたイッツ・ア・スモールワールドが楽しみです。

スポンサーリンク







関連記事と広告