ディズニーシー絶叫系アトラクション・怖い順ランキング

ディズニーシーには何度もリピートしたくなってしまう魅力的なアトラクションがたくさんあります。

ディズニーランドよりも、ディズニーシーの方が「絶叫度合い」の高いアトラクションが多いですね。

「絶叫マシン大好き!一番恐いのを知りたい!」

という人もいれば、

「絶叫系は苦手だから、下調べして乗れそうなものにチャレンジしたい。」

という人もいらっしゃると思います。

そこで、ディズニーシーのアトラクションを絶叫度が高い順に並べました。

「怖い」という感覚は人それぞれなので、私個人の感覚と周りの人に調査してランキングを決めました。

スポンサーリンク

 

【1位】タワーオブテラー

やはりタワーオブテラーが1番でしょう。

シーのみではなく東京ディズニーリゾートの中で1番怖いと言っても過言では無いと思います。

垂直落下と上昇を繰り返し、もう自分が落ちてるのか昇ってるのか分からなくなる、これぞ無我の境地。

タワー・オブ・テラーのオススメポイントは夜に乗ることです。

シー全体どころか隣の葛西臨海公園の観覧車まで見える夜景は絶景です。

運良く花火が上がる時間に乗れたら本当にラッキー!

よりスリルを楽しみたい人は、噂ですがBのエレベーターが一番怖いそうです。

期間限定で例年1月~3月実施されているLevel13もオススメです。

余談ですが、私はタワー・オブ・テラーに乗って、

  • ロングスカートがめくれ上がった(゚Д゚;)
  • つけまつげが吹き飛んで友達にメイクが落ちた顔を見られる(ーー)

といった恐怖を味合わいましたので、そのあたりもくれぐれお気をつけください。

【2位】センター・オブ・ジ・アース

こちらのアトラクションは序盤はゆっくり進むので油断しがちです。

ところが、突然猛スピードで走り出し落下します。

油断していると、突然のことに驚いてスリルがアップしたという人も多いです。

また、センター・オブ・ジ・アースも夜に乗るとメディテレー二アンハーバーがライトアップされていてとても綺麗です。

なので、外に出た一瞬ですが是非右側を見てください。

余談ですが、センター・オブ・ジ・アースが休止している時には、「マグマサンクタムツアー」というものがあります。

キャストが「ネモ船長の研究室」を案内してくれる無料のQライン(スタンバイ列)ツアーです。

ただしこのツアーは毎回開催されているわけではないのでご注意を。

【3位】レイジング・スピリッツ

レイジング・スピリッツは東京ディズニーリゾート唯一の360度回転のあるコースターです。

これは大きな目玉ポイントですね。

急カーブが多く、激しく揺れるのもポイントです。

座席は後方の方がスピード感が増し、より浮遊感が得られます。

スポンサーリンク

 

【4位】インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮

インディー・ジョーンズの世界に入ったようになれるアトラクションです。

勿論インディーファンでなくても楽しめます。

急激な落下はありませんが、とにかく体が左右上下に激しく揺れます。

急激な落下がないので、ジェットコースターは無理でも、このインディー・ジョーンズ・アドベンチャーだったら乗れる!という人も多いです。

オススメの座席は、よりスリルを味わいたい人は1番後の右側です。一番揺れますよ。

左カーブが多いので、より遠心力も感じます。

世界観浸りたい方はハンドルを握る席がオススメです。

【5位】フランダーのフライングフィッシュコースター

リトル・マーメイドのアリエルの親友、フランダーが、海底から上がってくる人間達のために考えたコースター。

仲間のトビウオたちを率いて、スリリングなジェットコースターがアバブ・ザ・シーの入り江を駆け抜けるます。

子供も一緒に楽しめるアトラクションです。

ミニコースターですが、スピード感満載で爽快な気分になります。

まとめ

ディズニーシーは世界観がとても細かく作られています。

Qラインの小物や装飾はもちろん、そのアトラクションがあるエリアや、ほかの施設とも設定がリンクしていたりするので、よーく見てみてください。

新しい発見や、もしかしたら隠れミッキーが見つかるかもしれませんよ。

スポンサーリンク