ディズニーランド絶叫系アトラクション・怖い順ランキング

怖がる女の子

スポンサーリンク


アトラクションの花形といえば絶叫系ですね。

ディズニーランドには3大マウンテンという絶叫系アトラクションがあります。

今回は3大マウンテンとあまり知られていない、実は絶叫するアトラクションをオススメポイントとともに恐怖度ランキング形式でご紹介したいと思います。

(※私個人の感覚でランキングは付けました。ご了承くださいね。)

ディズニーランドのアトラクションはほかの遊園地にはないバックグラウンドストーリーがあり、もとのお話を知っているとより楽しめるので、そちらもあわせてどうぞ!

【1位】スタージェット

私がディズニーランドで1番怖いと豪語しているアトラクションです。

ロケットに乗って自分で高さと傾きを変えながらぐるぐる回るアトラクションなのですが、とにかく非常に高い。最高高さは14mです。

高さは自分で操作できるのですが、高くすればするほどロケットの傾きは強くなり不安定さを増します。

そしてこのアトラクション、この高さと傾きに大して腰のベルトのみで支えているので、より不安定で外に放り出されるような感覚になります。しかも二人乗りなのですが、なんと、ベルトがあるのは後ろの人のみで前の人は後ろの人が腰に手を回して支えるのです。この高さと傾きで。

本当に怖いですが、密着度が非常に高いので、恋人同士にはオススメですね。

【2位】スプラッシュ・マウンテン

南部の唄という、黒人のおじいさんが白人の少年にうさぎどんのお話をする映画アトラクションです。

うさぎどんが笑いの国を探しに行きますが、きつねどんとくまどんに邪魔をされます。でもうさぎどんの知恵と機転でふたりをやっつけ無事笑いの国をみつけるというお話です。

スプラッシュマウンテンはあらいぐまが作っていたお酒を誤って爆発させてしまったら、ビーバーの兄弟が作ったダムが崩壊して水浸しになってしまった山です。

そんなスプラッシュマウンテンの1番のポイントはやっぱり水しぶきをあげて落ちるフォールですよね。

でもこのフォール、1回ではなく3回あります。

3回目には記念撮影があるのでいい顔で落ちてくださいね!

そしてスプラッシュマウンテンといえば個人的にはよく渋滞してコースターが止まるといったイメージなのですが、1度落ちる直前、滝のてっぺんで止まったことがあり、いつ再開して落ちるかわからなかった時は最高にハラハラしたので、運によってはそういう楽しみ方もできます。

【3位】ビックサンダー・マウンテン

舞台はゴールドラッシュ後のカリフォルニア。雷の神がいる聖なる山を敬意を示さず荒らしたという呪いの事故の多発で廃坑となったビックサンダーマウンテンで無人の機関車が暴走している、というアトラクションです。

ビックサンダーマウンテンをよりスリリングに楽しむ簡単な方法があります。それは右側に座ること!

ビックサンダーマウンテンは左カーブが多いので、右側に座るとはより遠心力をかんじることができるのです。

【4位】スペース・マウンテン

スペースポートから未知のエネルギーをつんだ最新宇宙船。エネルギーに光が集まり、輝くトンネルを大爆発で抜け地球に帰還するアトラクションです。

真っ暗闇の中を上昇下降急旋回するので、左右に体が持っていかれます。手を離してるとより体がぐらんぐらんして楽しいですよ!

オススメの座席はレールの見えない後ろの方が怖さ倍増です。そしてら右旋回の方が多めなので左側に乗った方がよりスリルを楽しめます。

ちなみにこのスペースマウンテン、東京ディズニーランド開園時からある唯一のアトラクションで、ウォルトが考案した最後のアトラクションなんですよ。

【5位】アリスのティーパーティー

ご存知不思議の国のアリスのアトラクションです。アリスが迷い込んだイカレ帽子屋、三月うさぎ、眠りネズミのティーパーティーがモチーフです。

こちら、子供向けのアトラクションが多いファンタジーランドにありますが侮るなかれ。操作次第でものすごくスリリングになります。

カップの中心にあるハンドルをとにかく思い切り回し続けるのです。

体をカップにあずければ体感出来る遠心力はアップ!

どのくらいかというと、膝の上に置いていたバックが外に投げ出され壊れました。皆様は危ないのでしっかりと持っていてくださいね。

ちなみにこちらのアトラクション、食後だけは避けるのがベストかと思います。

【6位】ガジェットのゴーコースター

ガジェットはチップとデールの大作戦でレスキューレンジャーにスカウトされたハツカネズミの女の子です。天才発明家のガジェットが廃材を集めて作ったのが、このコースターです。

実はサイズがすべてガジェットサイズで作られているのです。まるで自分がハツカネズミように小さくなったような不思議な体験ができます。

ジェットコースターとしては時間も短くお子様も楽しめるようになっています。

入門にはピッタリかもしれませんね!

ただ、こちらとにかくサイズが小さいので、大人が乗ると座席から割と体がでます。なので体感スピード感が増しているように感じ、見た目の可愛さよりは怖く感じます。

【番外編】全部怖いけどスリルを味わいたいなら…

カリブの海賊へどうぞ。

冒頭に一瞬ですが落ちます。

 

いかがでしたでしょうか?

絶叫系な人気アトラクションなので待ち時間も長いですが、バックグラウンドストーリーを踏まえてアトラクション全体を見ると至るところに楽しさが見つけられると思います。

なお座席についてですが、キャストさんに座りたい位置を申告すると、その席に案内してもらえますよ。

 

絶叫系アトラクションが苦手な人は、こちらの記事をどうぞ。

ディズニーなら絶叫系が苦手で乗れない人も楽しめる【ランド編】
ディズニーなら絶叫系が苦手で乗れない人も楽しめる【シー編】

スポンサーリンク







関連記事と広告