2017年1月ディズニーランド・シー混雑予想&休止アトラクション!

ニューイヤーズグリーティング

スポンサーリンク


1月は新しい年が始まるおめでたい月。

もちろん新年をディズニーリゾートで過ごす方は少なくありません。

1月は一般に閑散期と言われますが、ディズニーシーがお祝いの年だったり、長くあったアトラクションのクローズなど混雑する要因は盛り沢山。

そんなディズニーリゾート、1月はどのくらい混雑しそうか予想をしてみました。

【ディズニーランド】2017年1月・混雑予想カレンダー&解説

2017年1月混雑予想カレンダー・ディズニーランド

S:非常に混雑
A:混雑
B:やや混雑
C:普通
D:やや空いている
E:空いている

例年の傾向から、やはりお正月の3が日は大変な混雑が予想されます。

過去に入場制限がかかったこともあるので、パークチケットの購入はお早めに!

その後お正月が明けても、1月9日あたりまでが冬休みという学生が多いことと、1月9日は浦安市の新成人がディズニーランドで成人式を行うため混雑しますが、9日辺りを境にゲストの数が急に少なくなります。

ここに雪や雨など天候が絡むとさらにゲスト数は落ち込みます。

冬の天候は夏よりもゲスト数に影響されやすい傾向にあります。

お天気の悪い日はどのアトラクションも短い待ち時間で利用できるでしょう。

土日は『アナとエルサのフローズンファンタジー』の影響で混雑が予想されます。

ただし、平日も混雑する要因があるので注意!

(1)ウエスタンランドにできた新しいエリア、キャンプ・ウッドチャック目当てでパークを訪れる方も多い。

(2)パークオープン当初から長年愛され続けてきた「グランドサーキットレースウェイ」が1月11日でクローズする。

(3)「プラザ・レストラン」が2017年1月4日(水)でクローズする。

の要因から、ゲストの数が増えるかもしれません。

スポンサーリンク

【ディズニーシー】2017年1月・混雑予想カレンダー&解説

2017年1月混雑予想カレンダー・ディズニーシー

S:非常に混雑
A:混雑
B:やや混雑
C:普通
D:やや空いている
E:空いている

15周年を迎えたディズニーシー、おめでたい雰囲気に包まれたパークで新たな1年をお祝いしたいゲストは山のようにいるはずです!

1月1日はランドよりもシーの方が混雑しているかもしれませんね。

13日からは15周年のグランドフィナーレと、スウィート・ダッフィーが始まるため、平日もある程度の混雑が予想されます。

また、3月18日にドックサイドステージのテーブルイズウェイティングがクローズとなるため、局地的に混雑することも予想されます。

グランドフィナーレという大きなイベントもあり、例年よりもこの閑散期のディズニーシーは混雑するかもしれませんね。

【ディズニーランド】1月のイベント、ショー・アトラクションの休止状況

イベント

1/1~1/5、お正月のプログラム

1/13~3/17、アナとエルサのフローズンファンタジー

休止アトラクション

1/5~1/24、ホーンテッドマンション

1/11をもってグランドサーキットレースウェイクローズ

1/25~3/10、スプラッシュマウンテン

1/4~2/17、ミッキーの家とミートミッキー

休止ショー

1/10~1/13、ワンマンズ・ドリームⅡザ・マジック・リブズ・オン

1/13~3/17、ワンス・アポン・ア・タイム

※期間中、アナとエルサのフローズンファンタジーにあわせて、フローズン・フォーエバーを公演

1/5・1/10~1/12・1/16~1/19、スカイハイ・ウィッシュ

1/15~1/19、ミッキーのレインボー・ルアウ

1/15~1/19、ザ・ダイヤモンドホースシュー・プレゼンツ”ミッキー&カンパニー”

スポンサーリンク

【ディズニーシー】1月のイベント、ショー・アトラクションの休止状況

イベント

1/1~1/5、お正月のプログラム

1/13~3/17、東京ディズニーシー15周年”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”グランドフィナーレ

1/13~3/17、スウィート・ダッフィー

休止アトラクション

1/10~1/23、インディー・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮

1/23~1/29、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

休止ショー

1/23~2/1、ファンタズミック!

1/10~1/31、ケープコッド・クックオフ(ショーダイニングエリア)

2017年1月ディズニー混雑予想・まとめ

1月は、両パークともお正月・冬休みの期間を除けば平日ならゲスト数も少なく、ゆったりと過ごせるので気持ちや時間に余裕が持てるのがメリットです。

ただしデメリットもあり、アトラクションとショーの休止・休演期間が閑散期に集中しているため、目当ての施設を利用できない恐れがあること、パークの開演時間が短い日もあり、普段よりも短い時間しかパークで遊べない日があることが挙げられます。

この時期は必ず公式サイトで遊びに行く日の下調べをしてから出かけると良いでしょう。

両パークとも海風が吹き荒れる日がありますので、寒さ対策はしっかりと行って冬のパークを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク







関連記事と広告