ディズニーランド・シーでの禁止事項!旅行に行く前にチェックしよう

ディズニ―ランド―、ディズニーシーには、いくつかの「禁止事項」があります。

自分の近所の遊園地ではOKだと思って同じように行くと「えー、ダメだったの?」となってしまいます。楽しいディズニー旅行にする為にも、マナー違反とならないように注意したいですね。

スポンサーリンク

 

セルフィー棒、一脚、三脚はNG

パレードのビデオを撮る時は、三脚があれば手もだるくなくていいのになーと思いますが、残念ながら禁止です。三脚は重いので、持って行ってから「使えませ~ん」となるとショックですよね。

撮影の際、ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚、三脚、自分撮りスティック等の補助機材は使用できません。
http://www.tokyodisneyresort.jp/guide/caution/forguest.html

とディズニーリゾートの公式ホームページに書いてあります。

ハンディサイズのグリップアタッチメントって何?と思い、調べたところ、下の画像のようにカメラに付けるものみたいです。

gurippu-atacchi

それから、書く必要がないかもしれませんが、ミラコスタ泊の方が、ホテルの部屋から三脚等を使うのはOKです。

キャリーバッグは持ち込みできません

私は子供が2人いるので「キャリーバッグだったら便利かも!」と思ったのですが、禁止でした。

まあ、移動は確かに楽ですけど、アトラクションに乗るときにどーするんだ!!ってなりますし、人様にぶつけたりしたら危ないですもんね。

パーク内は走るの禁止です

開園直後のパークは、ものすごい勢いでダッシュされる人がいるらしいです。主に、ショーやパレードの場所取りをする人で、「走り担当」と呼ばれていたりするらしいですよ。もちろん、パーク側も色々対策を取ってはいるようですけどね。

そこまで全力疾走でなくとも、ファストパスを取りに行ったり、プレミアムツアーの予約やレストランのプライオリティーシーリング(PS)を求めて走っちゃう人も多いようです。

初めてディズニーリゾートに行く人で、「走ったらダメ」ということを知らない人もいるかと思います。たま~にネットで「ダッシュでファイトパスを取りに行きました!」なんて書いてある人もいますので…。

さらに、周りが走っていると焦っちゃう気持ちもわかるんですが、危険なので絶対走るのはやめましょうね!競歩です!競歩!

スポンサーリンク

 

仮装は小学生までOK(仮装期間除く)

ミッキーの帽子を被るとか、ミニーちゃんっぽい水玉のスカートを履くといったものはいいんですが、全身仮装は小学生までしかできません。

大人がフル仮装したい場合は、ハロウィン時期に仮装OKの日があるので、その日に行いましょう。また、仮装にはルールが細かく決められているので、NGな仮装をして「パークに入れない!」なんてことがないようにしましょう。

食べ物の持ち込み禁止

ディズニーランド・シーでは、食べ物の持ち込み禁止です。但し、自分で作ったお弁当は持ち込みOKです。自分で持ってきたけど、コンビニやお弁当屋さんの「買ってきた」お弁当はダメです。

「ピクニックエリア」と呼ばれる場所で食べることができます。

ディズニーランド・ピクニックエリア

land-picnic-area
出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/service/detail/str_id:tdl_picnic/

ディズニーシー・ピクニックエリア

sea-picnic-area

出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/service/detail/str_id:tds_picnic/

テーブルやパラソルもあって、素敵ですね。お弁当を持ってこられる距離にいる方の特典ですねー。ディズニーリゾートでは食事をするのも混雑するので、こういうエリアで食べるのもいいですね。

ビン・カンの持ち込み禁止

飲み物に関しては、持ち込みOKです。但し、水筒・ペットボトルに入っているもののみ。

ビン・カンの飲み物は持ち込むことはできません。

熱中症にならないためにも、水分補給はしっかりしましょうね!


あとは、危険物の持ち込み禁止とか、ビラを配らないでくださいとか、別にディズニーランドやシーでなくても当たり前の禁止事項です。

詳しくは、ディズニーリゾートの公式ページでご確認くださいね。

スポンサーリンク