ハワイフォトウェディングの相場・雨・試着・持ち込みなど解説

ブーケを持っている花嫁花婿

スポンサーリンク


日本人に人気の旅行先であるハワイ。

新婚旅行先の候補として一番に挙がるのがハワイといっても過言ではないでしょう。

新婚旅行を兼ねて行う、ハワイでのフォトウェディングは人気があります。

私も実際に行いました。

そこで、私が疑問に思ったことや、

などについてお答えします!

ハワイのフォトウェディングでおすすめは?

フラワーシャワーを浴びている新郎新婦

海外挙式が人気となる中、ハワイでフォトウェディングを行う会社も増えています。

気になるのは写真のクオリティですよね。

帰国して撮影データを確認してみたら、なにこれ!?なんてならない為にも、事前に評判の良い会社を比較検討する必要があると思います。

中には、追加料金でカメラマンを指定できる会社もあります。

気になるカメラマンの方がいれば、指名しておくのも安心ですね。

ビーチや教会、チャペルはもちろん、ワイキキストリートやダウンタウンでの撮影が出来る会社が多いです。

私がフォトツアーをお願いしたプロジェクトMもそのひとつ。

オプションでサンセットフォトも行っているので、ロマンチックな撮影が出来そうですね。

ハワイフォトウェディングプロジェクトMの口コミブログ【画像有】の記事で、プロジェクトMの感想と撮ってもらった画像もUPしているので、ぜひ参考になさってください(*^-^*)

撮影小物の持ち込みが可能な所もあります。

手作りのフォトプロップスやガーランド、イニシャルオブジェを持って撮影もいいですね。

また、会社によって撮影カット数に違いがあります。

所要時間や撮影スポットが多いわりに、撮影カット数が少ないなんてことも。

しっかりとチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ハワイフォトウェディングの相場や金額は?

例えば、私がフォトツアーをお願いしたプロジェクトMでは、挙式無し衣装持ち込みのビーチフォトは$400(税抜)から可能です。

ドレスレンタル、ヘアメイク有りの基本撮影プランだと$750(税抜)から、挙式有りのビーチウェディングフォトプランは$1,580(税抜)から行うことができます。

フォトウェディングの費用は、会社の特徴によって様々です。

格安をうたっている会社は、選べるレンタルドレスが少なかったり、希望オプションを追加していくと費用が嵩んだり。

「ここは譲れない!こだわりたい!」という所と、「妥協できる部分」をピックアップしておくと、会社選びがスムーズに進みそうです。

写真撮影だけの場合と、挙式も行う場合とでは、費用がかなり変わります。

魅力的なオプションも多いです。オプションを追加していくと、あっという間にそれなりのお値段になってしまうので、ある程度予算を決めておきましょう。

ハワイでフォトウェディングをしたいけど、日本でドレスを試着できる?

森の中で本を読む花嫁

気になるのが、撮影当日に着るドレスですよね。

ハワイに着いてから試着して決めるのは、不安に思う方もいるでしょう。

「優柔不断だから前もって決めたい!」とか、

「試着の時間を観光にまわしたい!」

なんて方も少なくないはず。

そんな方には、日本にいるうちに前もってドレスを試着できる会社がおすすめです。

提携のドレスサロンで試着し、同じドレスをハワイで取り置きすることが可能な会社があります。

ただ、ハワイでの試着となる会社も多いです。

ドレスの種類を豊富に取り揃えている会社も増えています。

会社のHPに載っている写真などで、取り扱うドレスの雰囲気を知っておくのもいいですね。

自分の着たい種類や体型に合うドレスを、ある程度決めておくと、現地でもスムーズに決められそうです。

ドレスだけでなく髪型もイメージしておきましょう

また、ハワイでドレスを試着する際に見落としがちなのが髪型です。

ドレスのイメージと一緒にヘアースタイルもイメージしておきましょう。

前もって何種類か考えておくと、当日のヘアメイクがスムーズに進みます。

スポンサーリンク

ハワイのフォトウェディングでドレスの持ち込みは可能?

私は、JTBの旅と挙式がセットになったプランでリゾ婚をしましたが、事前にワタベウェディングでドレスを試着しました。

このプランは、申し込みの時点でドレスを決めておかなければいけないプラン。

ドレスが決まらなければ、航空券の予約もできません。

ワタベウェディングでは、レンタル可能なドレスもあれば、購入のみのドレスも有りました。

私が気に入ったドレスはレンタル不可のもので、購入のみとのこと。

結果的に購入し、ドレスを日本からハワイまで持っていきました。

ドレスの持ち込みは、主人のタキシードもあったので、大変といえば大変でした。

嵩張るんです。

でも、自分が着たいドレスだし!と思うと、そこまで苦にはならなかった。

でも、嵩張ります(;^ω^)

ウェディングドレスを着た女性

「日本で挙式をしたけど、新婚旅行先のハワイでもドレスを着て撮影をしたい!」

という方もいると思います。

購入したドレスを持ち込みたいという方や、フォトウェディングで着たいドレスを事前に購入しておいたという方もいるでしょう。

ドレスの持ち込みに関しては、

  1. 持ち込み無料の会社
  2. 持ち込み料がかかる会社
  3. 一切持ち込み禁止の会社

と様々です。

わたしがフォトツアーでお世話になったプロジェクトMでは、持ち込み無料で撮影が可能です。

また、ウェディングドレスとタキシードそれぞれに持ち込み料がかかる会社もあるようです。

ドレスを持ち込む場合は、持ち込み無料の会社を選びたいですね。

ハワイフォトウェディングで子連れでできるところは?

フォトウェディングを扱う会社の中には、子連れで撮影可能な会社があります。

ハワイで家族ショットを撮ってもらうのも素敵な記念になりますね。

子供の衣装はレンタルしていない会社がほとんどなので、事前に用意する必要があります。

小さいお子様連れだと、同行者やベビーシッターが必要になる場合がほとんどです。

二人だけで撮影したいという方には、オプションでベビーシッターを頼むことができる会社もあるので安心ですね。

スポンサーリンク

チップの相場は?フォトウェディング代に含まれてる?

ハワイには、サービスへの心付けとしてチップの慣習があります。

日本人にはあまり馴染みがないですが、ハワイでサービスを受ける度に必要となります。

フォトウェディングの費用には、チップが含まれていない場合がほとんどです。

カメラマンや美容師、牧師やドライバー等、スタッフの方それぞれに渡します。

だいたい$20ずつが目安です。

チップを渡すことに慣れていないと、渡しそびれてしまうことがあります。

$20札を何枚かポケットに忍ばせておいたり、ポチ袋に入れておくとスムーズです。

ハワイフォトウェディングの当日に雨が降った場合は?

ハワイにも雨季があります。11月~4月は、比較的雨が多いといわれています。

フォトウェディングには、乾季である5月~10月がおすすめです。

ただ、乾季であっても、ハワイの気候は変わりやすいと言われます。

天候によっては、ビーチ等で撮影が出来なくなってしまう場合もあるようです。

その場合は、ホテル内での撮影になったり、雨が止むのを待ちながらの撮影になります。

ちなみに、雨の日保険というオプションを用意している会社もありますよ。

その場合は、翌日か翌々日の撮影に変更ができます。

スポンサーリンク

最後に

ハワイフォトウェディングの会社をおすすめ順でランキング形式にした記事があるので、こちらも参考にしてくださいね。

ハワイフォトウェディング経験者のおすすめランキング!

ハワイでのフォトウェディングを行う際は、会社選びが重要です。

・費用を抑えたい!

・ドレスをこだわりたい!

・希望するロケーションで撮影してもらいたい!

など、思いは人それぞれ。

譲れない点や妥協点を明確化し、何社かピックアップしていくと良いでしょう。

スポンサーリンク







関連記事と広告