ホーンテッドマンションは何人乗り?年齢制限で赤ちゃんは何歳から?

古い家

スポンサーリンク


ディズニーランドでゴーストたちに会える「ホーンテッドマンション」!

999人のゴーストが住んでいて、1000人目の仲間にあなたのことを待っています。

ディズニーに3人で行った場合、3人一緒に乗れるアトラクションに乗りたい!ってこともありますよね。

このホーンテッドマンションを楽しむために

  • 何人乗りか?
  • 年齢制限はあるのか?子供は怖がるか?
  • 0歳の赤ちゃんは乗れるのか?

などの情報をお伝えしますね~。

ホーンテッドマンションは何人乗り?大人3人は狭い?

ホーンテッドマンションは、ライドに乗るまでエレベーターに乗って移動したり、映像を見ながら移動して、最後に「トゥームバギー」というライドに乗るアトラクションです。

公式ホームページには定員は1台3名までと書かれています。

ガイドブックには2名と書かれているものもあります。

大人3名の場合

基本的にはキャストの方に人数を聞かれ、「3名です。」と言えば、大人であれば2人と1人でと案内してくれる場合が多いです。

実際、私が乗った時は大人3名で、2人と1人に別れて乗りました。

ライドに乗っている時間は5分くらいです。

まあまあ長い時間なので、2人と1人に分かれると寂しい(T_T)

っていう場合もあるかもしれませんよね。

その場合は、キャストさんに「3人で乗りたいです」と伝えると載せてくれますよ。

大人2人だと余裕がある感じで、でも3人だと細身の女性は大丈夫かなと思うのですが、若干窮屈に思うかもしれません。

男性3人だと「ぎゅうぎゅう」って感じですね。

また、3人だとスピーカーから聞こえてくる音が聞き取りにくかったりすることもあります。

3人でゴーストとの時間を楽しみたい場合は、3人で乗ることをオススメしますが、ホーンテッドマンションのアトラクションを満喫したいと思っている方は2人と1人で乗車して楽しんでくださいね。

大人2名、子ども1名の場合

この場合、案内してくれる人にもよると思うのですが、3名一緒に乗ることも可能です。

お子さんが小さいのであれば一緒に乗って楽しむのもいいですね。

私は、小学生のときは母と2人で乗った記憶があります。

ちなみに子ども2人で乗っているのも見かけたことがあります。

スポンサーリンク

ホーンテッドマンションの年齢制限で赤ちゃんは乗れる?

このアトラクションは年齢制限も身長制限もありません。

年齢制限や身長制限がないので、赤ちゃんも一緒に乗ることができます。

つまり、一人で座ることが出来なくても、ひざ上に乗せての乗車が可能です。

ただ、洋風のお化け屋敷なので、怖いのが苦手な方や暗いところが苦手な方にはあまりオススメできませんが…

ホーンテッドマンション、「トゥームバギー」の怖さは?

この「トゥームバギー」は丸みのある形状で、包み込まれるような感じの形状をしていて、前方しか視界に入ってこないような形です。

つまり、他が見えないので、乗り物に乗るとその空間の世界(一人の世界)のような感じになります。

これだけでも十分怖い人には怖そうですよね。

その状態で暗い中、目の前のことだけをみて進むので小さい子には怖いですね。

時より聞こえてくるアナウンスや奇妙な音にもビクッとすることも・・・

トラウマにならないためにも怖いところや暗いところが苦手なお子さんはお連れしないことが一番かと思います。

ちなみに、ホーンテッドマンションのキャストの方は基本的に笑顔で「いってらっしゃーい」などの雰囲気などはありません。

アトラクションに合った表情も演出の一つです。

関連記事:ホーンテッドマンションの待ち時間と隠れミッキー!子供は怖い?

スポンサーリンク

ホーンテッドマンション、期間限定の「ホリデーナイトメアー」は怖いのが苦手な人にもオススメ

ハロウィンからクリスマスの期間にかけて開催されている「ホリデーナイトメアー」。

小さなお子さんはこれでも怖いかもしれませんが、怖がりさんには通常のホーンテッドマンションより、この期間限定で開催されている「ホリデーナイトメアー」からスタートしてみるのもいいですね。

「ホリデーナイトメアー」の方が、楽しい雰囲気がプラスされていて、暗さも通常のものより明るくなっていますよ。

関連記事:ホーンテッドマンションクリスマス版の期間や待ち時間、怖さは?

ホーンテッドマンションは何人乗りかの「まとめ」

ホーンテッドマンションの「トゥームバギー」は基本は3名乗りですが、乗り方は自由なので状況に合った形でアトラクションを楽しんでくださいね。

年齢制限、身長制限もありませんが、怖いのが苦手な小さなお子さんは気をつけてあげてください。

999人のゴーストと楽しい時間を☆

スポンサーリンク







関連記事と広告