ディズニーシーのカレーのメニューと値段!食べ放題や混雑は?

ディズニーシー

スポンサーリンク


ディズニーシーのアラビアンコーストにあるカスバフードコート。

カレーが美味しいですよね(*^-^*)

座席数も多いので基本的にあまり混雑しないんですが、時期によっては混雑するので、それを知らずに行くと

「待ち時間が長かった~」ってことになってしまうので要注意です!

今回は、

  • メニューや値段
  • 食べ放題(ビュッフェ)はいつやっているのか?
  • カスバフードコートの混雑具合

などをお伝えしますね。

カレーの辛さが気になる人はこちらの記事↓↓

関連記事:カスバフードコートのカレーは甘口でも子供には辛い?中辛は?

ディズニーシーカスバフードコートのメニューと値段

コンビカリー、タンドリーチキン添え(中辛ビーフ&甘口シュリンプ)

値段は1280円です。

ビーフカリー(中辛)

値段は1080円です。

チリンカリー(甘口)

値段は880円です。

ベジタブルカリー(中辛)

値段は820円です。

ディズニーで820円で食事ができるって安いですよね(*^^)v

スペシャルセット

期間限定のスペシャルセットもおすすめです!

スペシャルセットはだいたい1600円ぐらいのことが多いですね。

そのイベントにちなんだメニューになっていて、毎回とても楽しみなんですよね♪

料金をプラスしてスーベニア(お皿やマグカップ)付きにすることもできます。

自分への記念のお土産としてもいいですよ。

ドリンクの値段

ドリンクは、

  • ウーロン茶
  • コーラ
  • コーヒー

など、一般的なものはだいたいあります。Sサイズ290円。Mサイズ350円です。

ラッシーの値段

ラッシーは350円です。

カレーと一緒に注文すると雰囲気出ますよね~!

スポンサーリンク

ディズニーシーでカレー食べ放題(ビュッフェ)がある?

昔はやっていたんですけど、残念ながら今はやっていないんです。

期間限定で不定期で「カリービュッフェ」がありました。

2010年2月ごろに終了してしまったっていことなんですよね(T_T)

ディズニーでカレービュッフェっていいですよね~。

カレーも甘口のものから激辛もあり、ケバブやタンドリーチキンなどのサイドメニュー、ラッシーなどのドリンクに、マンゴープリンやケーキなどなど、飲み放題食べ放題だったんですよね。

しかも!

この内容で大人2300円!

かなり人気で行列も出来たんですが、それも頷けます。

また再開して欲しいですが、今だと物価も上がっているので3500円ぐらいするかもしれないですね…。

カスバフードコートの混雑具合。空いてる時間帯はある?

このレストランは、プライオリティ・シーティングはなく、予約はできません。

平日は待っても20分くらいです。

土日や休日は、11時台になると60分以上待つことも少なくありません。

席数は約850席とディズニーシーのレストランの中では多い方です。

空いている時間は、ランチ(11~13時)やディナー(17~20時)の食事時と言われる時間帯を外した時間です。

休日はランチ後もディナーまでずっと混んでいることもあります。

空いていると言っても休日はある程度の待ち時間があることをお忘れなく。

私はいつもランチに行くことが多いのですが、基本は11時までにお店に入って注文するようにしています。

どのレストランでもディナーであれば、16時台に入ると比較的待ち時間が少ないように思います。

スポンサーリンク

カスバフードコートが混雑する時期。ハロウィン期間は注意!

このカスバフードコートはハロウィンの時期にアトモスショー「カスバ・マジックトリート」が開催されます。

2018年はアラビアンコーストの「宮殿の庭」や「カスバフードコート」で開催されていました。

このアトモスショーは、「マジックランプシアター」に出てくるシャバーンとアシームや他の仲間たちがマジックでおもてなしをしてくれます。

このアトモスショー、何時に開催されるかの記載が公式に発表されていません。

なので、会えればラッキーってことですが、とっても面白いショーなので、この時期は「カスバフードコート」はいつもより混雑しています。

ディズニーシーのカレーの「まとめ」

アラビアンコーストは雰囲気が異国情緒に溢れていてとっても素敵ですよね。

特に夜の雰囲気は大好きです。

ハロウィン期間をさけて、食事の時間に気を付ければ待ち時間が少ないのも嬉しいですね!

子連れディズニーで、子供がカレーを食べられる辛さかどうか気になる人は、

カスバフードコートのカレーは甘口でも子供には辛い?中辛は?

の記事に書いているので参考にしてくださいね!

スポンサーリンク







関連記事と広告