【ランド】ファストパス攻略法。待ち時間を減らす取り方や順番は?

FP攻略法や取り方の説明

スポンサーリンク


ディズニーランドをいかに効率的に回るかのカギはズバリ!ファストパスをどれだけとれるかにかかっています。

アトラクションに長時間並ばなくてもいいファストパスはとても便利ですよね。

時間も体力も精神力もこれでずいぶん温存できます。

  • できるだけ多くファストパスをとるには?
  • 効率的なファストパスのとり方
  • ファストパスを取るときに気を付けたいこと

このようなファストパスをとるのにもコツを教えちゃいます。

できるだけファストパスを多くとるには「朝一」を狙え

ファストパスはいつでも何枚でもとれるわけではありません。1つのアトラクションを取った後大体2時間後に次のファストパスが発券できます。

しかし開園直後は30分~1時間後に次のファストパスがとることができます。

ただ、そのゴールデンタイム大体開園30分後には終了してしまいます。アトラクションによって誤差はあり、人気のアトラクションほど早く終わります。

でも2時間待たなくていいのはとてもうれしいですよね。早起きは三文の得とはまさにこのこと。

なので朝一は奥のアトラクションを目指してはいけません。

手前のファストパスをとにかく早くとるのです。

私はモンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”のファストパスをオススメします。

ただし、アーリーエントリーで入園してもファストパスが発券できるのは通常の開園時間後となりますので、アーリーで入園したときは気を付けてください。

効率的なファストパスのとり方

ファストパスを取る優先順位を考えてみましょう。

それはもちろんスタンバイ列が長時間になるもの。

アトラクションそれぞれの特徴は以下の通りです。

  • ビックサンダー・マウンテン:比較的回転率が良いアトラクションです。
  • スターツアーズ:一度にたくさんの人が乗るので回転率がとても良いです。
  • スペース・マウンテン:回転率が良いです。
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター:とても人気のアトラクションですが、夜は比較的空きます。
  • ホーンテッドマンション:ハロウィーンからクリスマスまで期間限定でやっているナイトメア・ビフォア・クリスマスverは非常に混みあいますが、それ以外はそれほど混んでいません。
  • スプラッシュ・マウンテン、プーさんのハニーハント、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”:この3つは1日を通してスタンバイの列がとても長いです。

なので、この3つを優先してとることをオススメします。

モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”はとにかく混みます。

Dヲタ(ディズニーランドオタク)はこのアトラクションのスタンバイ時間を見てその日の混雑具合を図るほど、いつも人が並んでいます。

ファストパスがなくなるのが早いプーさんのハニーハント

スプラッシュ・マウンテンは奥地にあるので上記の2つに比べてファストパスが終了するのが遅いです。しかし、ファストパスを取るときにも待ち時間は発生します。

人気のアトラクションであればあるほど、ファストパスの列も長くなります。

ファストパスに長時間並んでいては本末転倒だと思いませんか?

ファストパスの列が長いときは思い切ってスタンバイ列に並んだほうが効率がいいときもあります。

ファストパスを取るときに気を付けたいこと

次の発見可能な時間になったらすぐ取ることが大事です。

後ででいっか~~~なんて思っていてはいけません。

ファストパス自体が発券終了になってしまったりします。

アトラクションに乗る時間もどんどん遅くなってしまいます。

ファストパスを取るのにも時間がかかるので、その列に並ぶことも考慮していくといいですね。

なので、むやみに歩き回ってはいけません。

ファストパスを取ったら、次のファストパスのアトラクションに向かいながら、ほかのアトラクションも乗るとよいと思います。

次の発見可能時間になったのに全然違う場所にいたら移動する時間もロスになってしまいます。

ちなみにディズニーランドは時間にとても厳しいです。

たとえ1分1秒でも発券時間より早いと発券できないのでご注意を。

ファストパスのとり方に正解はありません。

上記のように書きましたが、どうしても乗りたいアトラクションを優先してとるのもよいと思います。

どうしても並びたくない!という方は、バケーションパッケージを使ってみてください。

時間指定、アトラクション指定のないファストパスがついてくるプランがあります。

ちなみに、サプライズ・ファストパスというのがあるのをご存知ですか?

これはまさにサプライズ!

ファストパスを取るともう一枚ほかのアトラクションのファストパスが出てくることがあるのです。

このサプライズ、体験してみたいですよね。

1日ラッキーな気分で過ごせます。

スポンサーリンク







関連記事と広告