冬ディズニー!子供・赤ちゃんの防寒対策。ドレスは?

赤ちゃんとママ

スポンサーリンク


ディズニーリゾートの冬も本格的になってきました。

年末年始のイベントも盛り上がり、1月からは新しいイベントもスタート!寒さに負けずに思い切り楽しみたいですね。

赤ちゃんや小さなお子さん連れにとっては、こんなに寒い時期に…とすこし迷ってしまうかもしれません。

でもパークに行った時の子供たちの笑顔は特別です。寒さ対策をしてみんなで楽しみましょう。

大人も子供も重ね着がいい

ディズニーリゾートは、海沿いにあるため風が強くとても寒いです。

でも日中は暖かい日もある…出かける前にお天気チェックをして、気温も確認したけれど、現地に行ってみないとわかりません。

そんな時は、脱いだり着たりと調整できるように重ね着がいいでしょう。

子供は思った以上に汗をかいたりします、そんな時のために、簡単に脱げるような服がいいですね。

ただ重ねすぎ、着せすぎには気を付けましょう。

スポンサーリンク

雨の日のムートンは注意

暖かいムートンブーツですが、雨の日は水がしみ込んできます。

寒い冬に濡れた靴って、考えただけで寒いですね。

子供にはマフラー・手袋・帽子を

子供って、あまり服を着たがりませんよね。動きづらいからでしょうか?

あまり着ぶくれせずに暖かくするには、首回りを温めるとかなり防寒になります。

パークに行ってかわいいマフラーや手袋を買うと、マフラー嫌いなお子さんも喜んでマフラーをしてくれることが多いです。

スポンサーリンク

ベビーカーにブランケット&小物

赤ちゃんはもちろんですが、小さなお子さんはぜひベビーカーを利用してください。

そしてブランケットは数枚用意していくのがおすすめです。

ベビーカーに座ったまま長時間移動すると、お子さんはかなり冷えてしまいます。

ベビーカーの前に足元までブランケットを掛けると風を防ぐことができて暖かいです。

おしりの下に敷いておくのもいいですね。

特にパークで貸し出されるベビーカーは冷たいのでブランケット一枚敷いて座るだけで、暖かさが違います。

荷物になるから何枚も持っていきたくない…と思うかもしれませんが、使わないときはベビーカーの荷物入れにしまっておけば大丈夫!

もちろん大人も使えるので、パレードを待っている間や、屋外レストランでも大活躍してくれます。

そしてベビーカーに座っている子供達が、ブランケットに手を入れてくれればいいのですが…そうもいきません。

手が氷のように冷たくなってしまうので、手袋があるといいですね。

さらに、手袋と帽子を合わせておしゃれなコーデの完成です!

赤ちゃんの着ぐるみもかわいい!

 

防寒重視のモコモコした格好をしても可愛いのが子供です。

でも、もう少し可愛さを引き出したい!そんな時、赤ちゃんに着ぐるみはどうでしょうか?

スッポリ全身覆ってしまうので暖かいです。

見た目も可愛く、記念写真も増えそうですね。

スポンサーリンク

ぬいぐるみも防寒に!

赤ちゃんより、少し大きくなったお子さんには、ぬいぐるみを抱っこさせると、結構あたたかいです。

パークには可愛いぬいぐるみも売っているので、お子さんのお気に入りを選ぶのも楽しいですね。

ドレスでプリンセスになった時の防寒は?

女の子はプリンセスになってドレスを着たい!ということもありますよね。

でも、それが冬だと寒いです!

ドレスの場合の防寒ポイントをお伝えします。

1.ユニクロのヒートテックのようなインナーを着る

白のインナーを用意しましょう。ハイネックの方が温かいです。すごく寒い日は、Uネックとタートルネックの2枚重ねがお勧めです。

2.足はムートンブーツ

出来れば、ムートンブーツがいいでしょう。ドレスの色や雰囲気と会わないようであれば、ムートンブーツをやめて、靴用のカイロを検討しましょう。

3.タイツ・毛糸のパンツで下半身を温める

ドレスの下に着こんでも分からないので、ドレスの下に着て暖かくしましょう。

4.コート、もしくはケープ

ビビディ・バビディ・ブティックでも白いケープが売っています。

真冬は、ケープだけだと寒いようなので、コートと併用する人も多いです。

コートを着せるとドレスが見えないし…と難しいところではありますね。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんや小さなお子さんは、暑い寒いとうまく伝えられないこともあります。

暖かい恰好をしているから大丈夫!と思わずに、お子さんの様子をみながら調整しましょう。

そして大事なのは、無理をしすぎない事です。

パークの音楽やキャラクターに触れて子供たちが笑顔になったら、屋内のお店やレストランでゆっくり過ごすのもいいですね。

子供が大きくなると、アトラクション三昧!で、あちこち移動して大忙しです。

今しかできない贅沢な時間の過ごし方も楽しみましょう。

大人のコーデはこちら↓↓

スポンサーリンク







関連記事と広告