ビッグサンダーマウンテン待ち時間やファストパス!隠れミッキーは?

ディズニーの待ち時間で並ぶ人

スポンサーリンク


ディズニーランドのビックサンダーマウンテンは、絶叫系の中でもスリルはあるけれども比較的恐怖度は易しいので子どもでも乗りやすいので人気があります。

ただ、とても人気があるので、どのぐらい待ち時間が発生するのか気になりますよね。

そこで、

  • ビッグサンダーマウンテンの待ち時間やおすすめの時間帯
  • ビッグサンダーマウンテンのファストパスの終了時間の目安

などをお伝えします!

ビッグサンダーマウンテンにいるという「黄金のミッキー」についても書いています!

ビッグサンダーマウンテンの待ち時間

ビックサンダーマウンテンは、開園直後から混むことが予想されます。

開園直後にまっすぐビックサンダーマウンテンへ並ぶのであれば、1時間程度の待ち時間で乗ることができます。

しかし、開園直後を逃してしまった場合には、待ち時間が一気に長くなる可能船がありますので、ファストパスを取得して乗ることをおすすめします。

ただし、ファストパスもお昼ころには発券終了となっているケースが多いので、早い段階で発見しておいてください。

スポンサーリンク

ビッグサンダーマウンテンの空いている時間

昼のパレードの時間には空いていることが多いです。

しかし、夜のエレクトリカル・パレード ドリームナイツの時間帯は、ビックサンダーマウンテンの夜景もきれいで人気があるのであまり空かないので注意が必要です。

ビッグサンダーマウンテンのファストパス終了時間の目安

土日祝日などの混雑している日は12時台で終了していることが多いようです。

平日の混雑していない日などは、15時~16時頃まで発券されているようです。

もっと混雑していなければ、18時台まで発券していることもあります。

どの時間帯にファストパスを発券するかの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ビッグサンダーマウンテンの身長制限

小さなお子さんも一緒に楽しみたいアトラクションですが、身長制限があります。

102cm以上でアトラクションを楽しむことができます。

ビッグサンダーマウンテンのスタンバイ列、入口で見た目に身長が微妙なお子さんは測定してもらいます。

身長制限をクリアすると赤色の紙のリストバンドをしてもらえます。

このリストバンドは、他の102cmで身長制限のあるアトラクションもOKという印にもなります。

なので、次から測定せずにアトラクションを楽しめます。

ビッグサンダーマウンテンの隠れミッキー

ディズニーランドにはいたるところに隠れミッキーがいます。

それはビックサンダーマンテンも例外ではありません。

ここでは、隠れミッキーの場所をご紹介しますが、はっきりと場所を伝えてしまうと見つけ出すドキドキ感が半減してしまうので、ヒントをいくつかご紹介します。

隠れミッキーのヒント1

ビッグサンダー・マウンテンの入り口にあるサボテン。

隠れミッキーのヒント2

スタンバイの近くにある岩のくぼみ。

隠れミッキーのヒント3

開拓者たちの道具小屋のような場所があるのですが、そこに置かれている道具の中に隠れミッキーが隠れています。

金の重さをはかる道具に目を向けてみてください。

隠れミッキーのヒント4

錠の形。

 

ぜひ隠れミッキーを捜索してみてください!

スポンサーリンク

ビッグサンダーマウンテンの「黄金のミッキー」は都市伝説?

ビッグサンダーマウンテンはゴールドラッシュから数十年の時が経ち、無人化した廃坑の鉱山列車で駆け抜けるアトラクション!

このゴールドラッシュから「黄金のミッキー」となったのかも…

・アトラクションに乗っている時に現れる。

・1日に2回しか出現しない。

などなどいろいろな情報もありましたが、この「黄金のミッキー」は都市伝説の可能性大ですね。

でも、「黄金のミッキー」をみることができたらとってもラッキー!

そのときはきっと素敵なことがあるに違いありませんね。

ビッグサンダーマウンテンの動物

ゴールドラッシュ時には多くの人の出入りが多かったビックサンダーマウンテンですが、今は無人となっていて、暴走列車が猛スピードで駆け巡る道中には鍾乳洞や動物、間欠泉など更には恐竜の骨と遭遇することになります。

ビックサンダーマウンテンには自然を愛する動物が多く生息していてその姿を見ることができます。

ビックサンダーマウンテンにいる動物はネズミやコヨーテ、オポッサム、ビッグホーンシープ、コウモリです。

特にオポッサムの姿はとてもかわいいのでぜひ確かめてください。

スポンサーリンク

ビックサンダーマウンテンの元ネタになったストーリーやモデルはある?

ビックサンダーマウンテンは、映画の西部開拓史を元にしているアトラクションです。

1840年ごろのゴールドラッシュの数十年後が舞台となっています。

ゴールドラッシュが過ぎ去った廃坑はだれもいなくなっているはずなのですが、その中を無人のビッグサンダー・マウンテン・マイニング・カンパニーの暴走機関車が走り出します。

ビックサンダーマウンテンは、アメリカアリゾナ州セドナにある「サンダーマウンテン」という山が外観のモデルとして採用されています。

ゴールドラッシュの時代には金が大量に出ると有名になったビッグサンダー・マウンテンには、当時の採掘者たちの生活の様子が確認できる道具や当時の看板などが残されていて、ゴールドラッシュの名残を見つけることができます。

また、東京ディズニーランドのビックサンダーマウンテン近くには世界で数台しか現存していない1898年製のトラクターが置かれています。

とても貴重なものですので、ビックサンダーマウンテンを楽しむ際にはトラクターと写真を撮ることもおすすめです。

ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンまとめ

ビックサンダーマウンテンは西部の無人廃坑を暴走列車が駆け巡るスリル満点のジェットコースターです。

ビックサンダーマウンテンは、人気のアトラクションですので開園直後であればスタンバイで乗り、開園直後を逃してしまったらファストパスを取得してください。

隠れミッキーやかわいい動物たちを見つけることができます。

スポンサーリンク







関連記事と広告